激アツイベントでパチプロに来店されるのは店側にとってマイナスなのか?

今回は、職場でも最近多く話題になるテーマについて書いていこうと思います。

—スポンサードリンク—

パチプロの入場お断り

パチプロお断り
パチンコ店では、店側のハウスルールに則して客が遊技することが余儀なくされている為に、店側の都合で出入り禁止を言い渡すことが可能となっている。

その為、特にプロと見なした人物に関しては、出禁にするというポップを掲示することによって、プロの来店防止であったり、そういった人物が来店した時に、スムーズに出禁を言い渡すといった流れを確立しているホールも多い。

これに関しては、賛否両論であるのだが
基本的に集客力のある大手においてはプロお断りのスタンスをとっているホールが多い。

一方、集客力で劣る弱小ホールでは、プロもへったくてもなく、まずはどんな客でも来てほしいと考えるので、プロの来店をお断りしているというケースは少ない。

つまり、まずは集客が先にあって、そのハードルを乗り越えたあとに、今度は客層を選別するという風にステップアップしていくわけである。

地域一番店での思い出

パチンコ店内
私が班長時代に配属されていた新潟のホールでは、海の稼働が抜群によく、エリア内でも稼働率がダントツのトップだった。

そこのホールの海は全部で200台ほどあったのだが、オープンと同時に90%以上は年配層を中心に埋まるという店だった。

ちなみに、釘に関しては非等価だったのでそこそこ回していて、たしかスタートで6.0くらいは回っていたと思う。
※スタート6.0は千円スタートで18回くらい

平均値がそんなものだから、ステージのクセがいいともっと回る台も存在した。

その為に、プロっぽい客も年配層に紛れて海を打つことが多かったのだが、そういった客に対するマークは本当にこの店では徹底していたのだ。

とりあえず、保留2個の止め打ちをしていた時点で
「うちは止め打ち禁止なんです」と客に言い寄る。

で、その後も止め打ちを繰り返すようであれば、入店お断りといった感じである。

一方、年配層が止め打ちをしていた場合には一切注意することはなく
店長もしくは副店長がモニターを見て、プロっぽい奴と判断すれば、主任・班長に指示して対応させるといった形だ。

以上のように集客に成功しているホールでは、客層を選別することによって、より利益を追求していくというステップに入る。
これに関しては何ら異論のないことだろう。

激アツイベントでパチプロに来店されるのは?

激熱イベント
しかしながら、スロットの激熱イベントでパチプロに来店される件に関しては、どのようなスタンスで望むべきものなのであろうか。
例えば、激熱イベントを渡り歩いて、食いまくっている地方のプロも存在する。

あまりにも煽り過ぎたイベントとしてしまうと、こういう輩に食われてしまうので考えものであると懸念する声も、業界幹部からは非常に多い。

それに関する、私の意見は以下のとおり

気にせず煽って構わない

設定も入れまくってOK

パチンコであれば期待値が見てわかるので、完全にプロに食われる。
従って、徹底してプロを排除する必要がある。

しかし、スロットでは設定が見えないので、いくらでも来てもらって構わない。
設定を入れる入れないのイニシアティブはこちら側が握っているからだ。

だたし、当然信頼をつける為には設定を入れ続ける必要がある。

その為に、あの手この手で煽ることは必要であるし、それによって一般客以外にプロに来られてしまうのも構わないということなのである。

激熱イベントの営業で一番やってはいけないパターン

ng
例えば、一部の客にだけ激熱情報を伝えようとする店長も多い。

その場合は朝礼などで

「いいお客さんにだけ、今度の土曜日に全6コーナーがありますとジェットカウンターで伝えるように。
一般のお客さんを勝たせたいので、プロっぽい人にはその情報は言ってはダメだよ」

といった指示を出すわけだ。

こういう場合は大抵失敗に終わる。
何故なら“いいお客様にだけ”というフィルターを掛けてしまっているので、そこの判断がつかずに結局は十分な案内ができずに終わってしまうからだ。

こういう時は中途半端な案内をしてはいけない。
とにかくプロに来られてもいいので徹底的に案内して客を集めなくてはならないのだ。

実際に私が今まで見てきた営業の中でも最もダメだと思うのが、設定を使っているのに客が集められないパターン。

例えば、超激熱の内容で朝一100人しか集められなかったとする。
で、そのうち30人がプロってパターンだともう最悪(プランA)。

抽選人数が少ないというヌルい状況で一部のプロが独占してしまうことは、最も避けなくてはならない。

しかし、一方でジェットカウンターにて無差別に案内しまくった結果
朝一150人集めた一方でプロが60人に増えたとする(プランB)。

この場合は人数が多くなった一方でプロ比率が増えてしまったこととなるわけだが、そのケースでも全く問題ないのである。

全体数 プロ人数 プロ比率
プランA 100 30 30%
プランB 150 60 40%
プランC 200 110 55%

極端な話、プロ比率が55%を超えるプランCでも構わないし、このプランの中ではCが一番理想的となる。
とにかく、スロットにおいては設定は見えないので、いくら集めてもリスクはないのだ。

例えば、スロット200台設置のホールで高設定が50台あったとする。
当然、プロと言えどもその50台を全部抑えることはできないので、50台中30台を抑えたとしよう。

するとその場合ではプランCで考えると110人のプロのうち80人があぶれることとなる。
つまり、あぶれるとは負けるということなので、110人来店したとしても、80人は負けるということになるのである。

しかし、それがプランAだとどうだろうか?

50台中30台を30人全員のプロが抑えてしまうことになる。
この状態が最も最悪である。

つまり、特定のプロに食い散らかされるようなヌルい状況を作ることが最も悪なのである。

設定狙いにおいては、プロは当然有利な立場にあるが、それでも大量のプロを集めてしまえばその優位性はなくなり、プロの中でも負ける奴が出てくるわけだ。
だから、プロでも何でもいいから集められるだけ最大限に集めるべきなのである。

パチンコ業界関係者の大きな勘違い

スロットイベントでは何でもいいからとにかく集める。
世の中にはアイランド秋葉原店をはじめとして、1000人以上集めるホールが存在するがそれでいいのである。
というか、目指すべきところはそこであろう。

そもそも、1000人はおろか200~300人集まるホールでもプロは避ける傾向にある。
だから、集めれば集めるほどプロは敬遠するのである。

しかし、一方で100人以下程度の激熱イベントとなるとプロは喜んでやって来る。
そして、100人以下でライバルも少ない為に、高設定を独占して食い散らかすわけである。

だから、激熱イベントで集客したいのであれば、できる限りより多くの客にその情報を知らしめねばならない。
それをせずに客層を絞った集客方法を選択してしまうと、中途半端な集客にしかならないから一部のプロに食われてしまうわけだ。

そもそも、一般客に絞って案内するということ自体に無理がある。
プロは一般客よりも遥かに情報を察知する能力に長けているので、ある情報を一般客が知っているのにプロは知らないということはありえない。

だから、客層を絞って集客しようとすること自体が無理なわけで、それをやってしまうと一部のプロに独占されるという悲劇に見舞われるのである。

とにかく、集めたいのであればしっかり設定を入れて、徹底して案内すること。
それがやがて、200~300人集まるようになればプロは敬遠するようになってくる。

さらには1000人以上集められるようになれば、なんちゃって設定狙いか一般客しか存在しなくなる。
そうなったら、ホールにとっては理想的な展開となる。

激熱イベントの運営方法まとめ

段階 内容
1 プロや一般客を問わず、とにかく集客する為の努力をする
2 それによって200~300人集められるようになった
3 この段階で離脱するプロとヒキコを雇うプロが出てくる
ヒキコを雇うプロは状況を見て出禁対応していくこと
4 200~300人の集客が定着
5 地域一番店

基本集めたもん勝ち。
スロット営業では客層問わず、とにかく集めなくてはならない。

しかし、その一方でイベントが立ち上がってきたタイミングでヒキコを雇う輩が出現したら、しっかりと状況を見極めて臨機応変に対応していくこと。

・素行
・勝敗

などを見極めて、酷い場合には出禁対応。

特に掛け持ちに関しては超重要項目。
激熱イベント日に軍団に掛け持ちされているとしたら、そのホールに未来はない。

また、勝敗を見極める為に、プロ集団のメンバーズカードの貯玉状況は定期的にチェックすること。

以上のことから、スロット営業を成功させる為には、状況を見極めるという意味でスタッフの力が重要となってくる。

合わせてお読みください

全国のパチンコ店長及び設定師の皆様

お礼はクリックでけっこうですm(__)m

ブログランキング参戦中!
応援クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓
今日のあなたの運勢は?
営業の裏情報をツイート中!
クロロ店長ツイッター

“激アツイベントでパチプロに来店されるのは店側にとってマイナスなのか?”のコメント一覧

  1. ホムス より:

    明日からこれ見て出禁にしてくるホール増えるだろうな^_^

  2. パキース より:

    この並びの写真のとこ多分マイホですw
    都内で僕が知る限り1番の優良店です。

  3. とも より:

    >スロットでは設定が見えないので、いくらでも来てもらって構わない。
    設定を入れる入れないのイニシアティブはこちら側が握っているからだ。

    プロ・中国人お断りと掲げている日拓ボッタクにケンカを売っているんですかwwww

    まあそれは冗談として。

    以前五反田ティアモの件を書かれていましたが、
    今日キック(ジャラン)とペカリ(ガイア)のイベントがあったので夕方それぞれ覗いて見ましたが、まぁ輩(一般客も)はほとんどいませんでした。
    客付きも、完全に飛んでいて、ジャランが1割、ガイア(のジャグラー)も1割といった所でした。

    告知も出来ないらしく相当弱っているようでしたよ。
    夕方なのにバージン台が3割以上、100ゲームも回されてない台が5割以上あって設定状況もわからない状態でした。

    両店とも、オープン当初からガセイベの繰り返しでしたから、完全に信用度0なんでしょうね。私も打たずに店を出て来ました。

    • クロロ クロロ より:

      日拓は中国人もお断りなんですね~。
      すごい差別w

      いつも地域の情報どうもありがとうございます!
      よく視察されていますよね。

  4. カイト より:

    イベント規制は最近緩くなってますか?
    王庭伝説はテレビであれだけ煽ってますが、ガーデンにイエローカードは来ないのでしょうか。
     真面目にガイドライン守って営業しているホールの店長さんが気の毒なので・・・

    • クロロ クロロ より:

      王庭伝説は露骨過ぎですよね。

      メディア持ってる法人には勝てません(^^;

      通報してやりたい気分ですが、それをやるとマルハンと一緒になってしまいますのでやるべきではないと思っています。

  5. 市井無頼の徒 より:

    大変、興味深く
    読ませていただきました。

    当方のような
    目押しもできない
    養分スロッターからすると
    プロと称される人々は
    パチンコや
    パチスロからの
    収入のみで
    生計を維持できるのだろうか…

    小市民的な疑問を抱きましたw

    • クロロ クロロ より:

      養分の方でもすぐに勝ち組になることができますよ。
      スロットで勝つことは本当に簡単です。

      色々とこちらの検索ページにも勝つための記事もありますので、興味がありましたらどうぞご覧ください。

      http://rx7038.com/?page_id=3378

  6. ゴンザレス より:

    『激アツイベントでパチプロに来店されるのは?』の写真、何故通勤風景の写真?と思いましたが朝に並んでいるお客さんか・・・。都会パネェッす。

  7. テスラ より:

    捻りはともかく、保留止めがダメな店ってかなりヤバイ店な気がする
    相当なボッタ店ですやん

コメントを残す

Optionally add an image

サブコンテンツ

管理人

クロロ

クロロと申します。
パチンコ店長でありスロッターです。他のブログにはない業界ネタ満載の記事を更新中!

1日1ポチお願いします!

今日のあなたの運勢は?

最近のコメント

  1. 丁度2ヶ月程前に地元の大型店が、店内に1続きを読む
  2. あえて5スロのみにガッツリ設定入れ(オー続きを読む
  3. 似たようなケースで、是非クロロ店長にお聞続きを読む
  4. 実際問題釘調整が発覚した場合、オーナーか続きを読む
  5. 実際に見てないんでわからないですけど、ヒ続きを読む
  6. 先日 ユーチューバーヒカルとシバターはパ続きを読む
  7. 某業界人のツイッター画像です続きを読む
  8. ただ、考えてみると設定変更も釘調整もスピ続きを読む
  9. それは大いにありえますね。続きを読む
  10. 前提として釘で出玉調整ができないとなると続きを読む
  11. 設定式のパチンコの場合、仮に4段階だった続きを読む
  12. 天釘だかブッコミだかの辺りを釘でなくプラ続きを読む
  13. これ公開して大丈夫なんですか?続きを読む
  14. 釘調整しなくていいのはいいですね! 随続きを読む
  15. 記事の内容通り、チェックシートの部分はい続きを読む
  16. 釘確認シートの存在によって、たしかに釘を続きを読む
  17. 実際に機種によってはある程度の遊びはあり続きを読む
  18. シバターにディスられても、ガチ勢が来なく続きを読む
  19. パチンコじゃないですねw続きを読む
  20. なんというか、もう釘ヘソすらいらないよう続きを読む
  21. 逆にマルハンしてやったりで個人的には楽し続きを読む
  22. アイマリンのシートなんて、黒丸からはみ出続きを読む
  23. 隣の釘は曲げても大丈夫そうですね パッ続きを読む
  24. この記事を見て負けた客が本気で写真撮り始続きを読む
  25. 「演出無さすぎ」は営業とは関係ないですね続きを読む
  26. キコーナ蒲田激ヤバ回らない出ない釘曲げ過続きを読む
  27. 駐車場に大人と一緒に子供がいるだけでも、続きを読む
  28. 結局設備に金掛けるのが一番いいと思います続きを読む
  29. 退職金ゼロですかw うちは存在するだけ続きを読む
  30. 今の会社退職金ゼロですよw 最盛期続きを読む
  31. 私が役職に昇格したての頃 ほぼ同じ内容続きを読む
  32. 私だったら、この本がある方の 車のガラ続きを読む
  33. 当日参戦したガチ勢の意見を聞きたいですね続きを読む
  34. 細かいところをよくご覧になっていますね。続きを読む
  35. お久しぶりです。 長野の方だったんですね続きを読む
  36. スロパチの取材日だけ出すんですね。 そ続きを読む
  37. 6ベル投稿ありがとうございます。 また続きを読む
  38. 4だったということですね。 ありえると続きを読む
  39. この人は頭がいいですよ。 シバターを見続きを読む
  40. となると4ですね。 皆さんの意見を聞い続きを読む
  41. パチンコと5スロは絶対にアケないと思いま続きを読む
  42. 「ケース1があり得ない」となぜ断言できる続きを読む
  43. 引退するんですか。 人気あるから、もっ続きを読む
  44. 11割以上のシミュレーションでも終盤の出続きを読む
  45. まあ、元々シバターは約30万ほどの出演料続きを読む
  46. 当然、レートアップが許されるとは思えない続きを読む
  47. 実際に見に行った方のご意見は貴重ですね。続きを読む
  48. そういうホールも立地や客層によっては多い続きを読む
  49. クロロエリア長とゴトー店長との会話みたい続きを読む
  50. 元々の稼働がどんなものか、わかりませんが続きを読む
  51. ジャグ0Gヤメのハイエナは確かにやる人い続きを読む
  52. 流石はセミプロですねw続きを読む
  53. 今年拾った一番おいしいハイエナは たま続きを読む
  54. 身の丈は考えなくていいせみぷろ
    狂っていると思うのは割と御互い様だと思い続きを読む
  55. ちょっと言い過ぎました。反省。 設定使続きを読む
  56. 某役員室にて・・・ A「ところで例のチ続きを読む
  57. そもそもうちの会社の場合、常連客を蔑にし続きを読む
  58. なるほどなるほどクロロ店長ありがとうござ続きを読む
  59. はじめまして!初コメ失礼します! 今回続きを読む
  60. クロロエリア長様いつも拝見しております。続きを読む
  61. シバターの他の店舗の実践動画見てください続きを読む
  62. シバター引退するらしいし、どうでもいいの続きを読む
  63. ケース1があり得ないことは動画を見ればわ続きを読む
  64. 1の可能性は低いと思います。 店全体で続きを読む
  65. 長野県のマルハンは基本的に死んでるからシ続きを読む
  66. シバターは客側の味方を装ってますが、どち続きを読む
  67. この店は年配がメインの客層なんでシバター続きを読む
  68. マルハンもエリア長や店長次第でだいぶ変わ続きを読む
  69. そもそも全機種全台オール456の前提に無続きを読む
  70. クロロさんお久しぶりです。 3月末続きを読む
  71. 今月7/1のオフミーオフ会開催のマルハン続きを読む
  72. 当日に行ってないので何とも言えないのです続きを読む
  73. ちょっw 当然、みんパチのオーナー続きを読む
  74. 当日は相当なアウトが入ってると思いますん続きを読む
  75. http://dorelog.com/m続きを読む
  76. クロロ店長のお店はそもそも信頼されてない続きを読む
  77. 身の丈は考えなくていいさととも
    いつも楽しくブログを読ませていただいてお続きを読む
  78. そういえば8のつく日っていうより、ゾロ目続きを読む
  79. ホールにとっては、ガセの確定演出を出現さ続きを読む
  80. お返事ありがとうございます。 そん続きを読む

記事検索はコチラ

用語一覧バナー
機種一覧バナー
炎上記事バナー
登場人物バナー

アーカイブ