パチンコ転職ナビ パチンコ転職ナビ

【プレミアムハナハナ-30】スロット新台考察|新装日の設定配分とその後の運営方針

パチンコ店長のホール攻略 プレミアム
パチンコ店長のホール攻略 -プレミアム-

当記事におきましては、当サイトの管理人であるクロロエリア長&他4人のパチンコ店長により作り上げたプレミアムコンテンツとなっております。
全ての記事を閲覧するにはログインしてからお読みください。


プレミアム会員登録はコチラ

—スポンサードリンク—

プレミアムハナハナ-30

4月22日(月)に「プレミアムハナハナ-30」が登場しますが、新装開店からその後に掛けてこの機械をどう営業していくのかというテーマについて、4人のパチンコ店長の意見をまとめてみましたので、どうぞご覧ください。

目次(項目をタップでスクロール)

プレミアムハナハナ-30の基本スペック

プレミアムハナハナ-30

メダル50枚あたりの回転数 約36.8G(設定1)
天井ゲーム数 非搭載
BB獲得枚数 最大312枚
RB獲得枚数 最大130枚

【特色】
5号機最後のハナハナシリーズを飾るのは集大成の「プレミアム」!
高設定域のスペックを更に強化!(キングハナハナシリーズとの比較)

今後の新筐体の特徴はプレミアムなライトアップの数々
・上部にスポットライト搭載
・カラーに光るリール照明がボーナス入賞を祝福!
・下皿部分にエンブレムを投影&出玉を紅くライトアップ!

さらに詳細情報を見る
プレミアムハナハナ-30|みんスロ

目次に戻る

新装初日の設定配分(予定)

スライム店長のホール

※導入予定なし

水戸洋平店長のホール

※導入予定なし

TONEGAWA店長のホール

※導入予定なし

アキぽよ店長のホール

設定1 0台
設定2 2台
設定3 1台
設定4 1台
設定5 1台
設定6 0台

※導入予定台数:5台

ハナハナを打つ理由は2つで
①ハイビスカスの虜
②設定看破要素多数
以上が挙げられます。

偶数のみで②④⑥と行きたいところですが、初めに飛ばさず長期育成の為、抑え目設定。
これでも赤字になりそう。

目次に戻る

導入初週の設定配分(予定)

以下は導入後、一週間分の設定を入れる割合を掲載。

スライム店長のホール

※導入予定なし

通常よりも甘めに使うのは間違いないと思います。
導入台数にもよると思いますが、見せ台が毎日数台あり、最低設定を②にしてベースを甘くする感じでしょうか。
既存のハナハナがどの程度動いているかにもよります。

水戸洋平店長のホール

※導入予定なし

TONEGAWA店長のホール

※導入予定なし

アキぽよ店長のホール

設定1 0%
設定2 40%
設定3 10%
設定4 40%
設定5 5%
設定6 5%

偶数メイン。ジャグラーより気を使った設定配分になる。
初週に出し過ぎず取りすぎず。

高設定を使うタイミングはイベ日の翌日と日曜日!!
安易に出た(誤爆)と思われない様、常連様へのピンポイント投下!!

目次に戻る

プレミアムハナハナ-30を導入することによって甘くなることが考えられる機種は?

こちらをクリック

※プレミアム会員にのみ公開しております

目次に戻る

プレミアムハナハナ-30を導入することによって辛くなることが考えられる機種は?

スライム店長のホール

ハナハナシリーズ以外の30パイ。
このタイミングでハナハナシリーズを盛り上げたいと思うはずで、その負担は同じ30パイのその他のシリーズに負担してもらうのがベター。

ハナハナシリーズだけではなく、30パイ全体を盛り上げたい!と考えているホールであればジャグラーやその他Aタイプにシワ寄せが行くケースも考えられますが、基本的には30パイユーザーの中で粗利調整すると思われますので、その他の30パイにシワ寄せが行く確率が高いはずです。

水戸洋平店長のホール

ハナハナが強い地域ではAタイプのメインがハナハナとなっており、新しいハナハナシリーズが導入となれば当然甘く使う店舗も多いと思います。
その分の利益補填としてジャグラーをはじめとする他のAタイプの設定配分を下げるのではないでしょうか。

TONEGAWA店長のホール

当該機種の導入がきっかけで、極端に辛くなる機種はないと思います。
ただし、導入時期としてはGW前なので全体的に粗利が上がる時期です。
ハナハナ支持が強い商圏とホールであれば、それら以外の部門で粗利補填が行われる可能性があると思います。
仮に、自店が『ハナハナ>ジャグラー>Aタイプ』の図式であれば、Aタイプから順にベース設定を下げるでしょう。

アキぽよ店長のホール

甘くなることが考えられる機種で書いた、検定切れの「ドリームハナハナ」、認定切れ間近「クィーンハナハナ」若しくは検定中に売却を狙う「シークレットハイビスカス」や「グレートキングハナハナ」などはホールに残るならば激辛。
最後のご奉公して頂くことになるでしょう。

「導入台数による」という前提ですが、多大数導入の場合(10台やBOXでの導入)はジャグラーシリーズにも影響があるでしょう。
特に若年層のマイジャグ系が辛くなる。店舗全体の利益配分から考えると最も抜きやすいからです。

目次に戻る

この機種における運営方針や期待など

スライム店長のホール

すでに30パイが強いホールは、特に期待はないのでは?と思います。
この機種だけ甘く運用するというのも考えずらいです。

この機種に期待しているのは30パイが苦戦しているホール。
特にハナハナ系で競合に苦戦しているホールは、大いに期待していると思います。

30パイは新台が販売される頻度が少ないため、機械で優位性を保つのは難しいです。
設置されている機種はどこも似たような感じですし・・・。

要は機械の力で逆転するチャンスが少ないのですが、今回のハナハナ新台はその数少ないチャンスのひとつ。
30パイがそれほど強くなく、特にハナハナシリーズが苦戦しているホールで、この機種を多台数導入しているホールが1番の狙い目。
ホールもこの機種における期待度は相当高いと思います。

水戸洋平店長のホール

現状主力となっているハナハナはツインドラゴン・グレートキング・ホウオウ・ニューキングというところでしょうか。
ハナハナの設置は地域差もあり全国的なものではありませんが、地域によってはジャグラー以上の設置台数・設定配分で営業しているホールも珍しくはありません。

この機種は全国販売台数が3,000台となっていますが、導入に地域差がある事や5号機最後のハナハナという事もあり、ハナハナが強い地域ではそこそこの台数が導入されると予想されます。

スペック的には既存ハナハナシリーズと比べあまり変わりはありませんが、ハナハナは機種によってクセが違うイメージがあるのでまったりしたタイプなのか?荒い出方をするのか?によっても人気・稼働が変わって来ると思います。
ホウオウの様なファンが多い動きをするのであれば設置期限ギリギリまで大事に使われるのではと思います。

TONEGAWA店長のホール

当方の地域では、ハナハナのマーケット自体少ない傾向にありますが、近県ではそれなりの薄利営業でジャグラーと同等以上の設定配分で営業しているホールも多いと聞きます。

自店ではハナハナ系の設置がありませんが、HCデータを見る限りでは『ツインドラゴン』、『グレートキング』、『ハナハナ鳳凰』、『ニューキングハナハナ』の4機種が設置台数も多く、支持が高いとの印象を受けました!

プレミアムハナハナに関しては、3,000台と台数が少ないので上記の既存機種より台数が少なくなる可能性もありますが、シリーズ最新作と言う事でハナハナ系のマーケットがあるような地域では集客効果も高いと思います。

それに、スペックに関しても実績ある『グレートキング』に近いものなので短命に終わる事はないでしょうし、設置期限も1年以上あり長い機種です。
それらを考えると、撤去を迎えるまでの間、良心的な営業をするホールが多いと思います。

仮に、自店にもハナハナの設置及び需要があれば、3台規模の小台数導入なら『プレミアムハナハナで集客⇒既存機種の設定配分を上げ増客』との流れで営業を検討します。
逆に、既存機種並みの台数が揃うのであれば、プレミアムハナハナをメインに割を打つ営業をすると実施すると思います。

尚、販売台数が少ない=中古も確保しずらい事を考えると、既存の主力ハナハナの設定配分に振る選択をするのが個人的にはベストかと?
増産の話しがある可能性もあるので、そこまで設定を下げるような事はしないと思いますが…

最後に、ホールはどのくらいの営業をしているのか?に関しては、参考までにデータを記載しますので、ご覧いただければ分かり易いと思います。
参考データ:20スロの全国平均

【ツインドラゴンハナハナ-30 ※5.5枚:11割営業】
2019年1月⇒12,390/0.17/2,227(出率:99.9%)
2019年2月⇒11,990/0.13/1,580(出率:100.1%)
2019年3月⇒11,750/0.12/1,420(出率:100.2%)

【グレートキングハナハナ-30 ※5.5枚:11割営業】
2019年1月⇒10,000/0.20/1,970(出率:99.8%)
2019年2月⇒9,750/0.17/1,556(出率:99.4%)
2019年3月⇒9,600/0.14/1,360(出率:100.1%)

【ハナハナ鳳凰-30 ※5.5枚:11割営業】
2019年1月⇒9,390/0.19/1,780(出率:99.8%)
2019年2月⇒8,950/0.17/1,550(出率:99.9%)
2019年3月⇒9,000/0.15/1,350(出率:100.0%)

【ニューキングハナハナ-30 ※5.5枚:11割営業】
2019年1月⇒8,340/0.24/2,000(出率:99.6%)
2019年2月⇒8,000/0.22/1,750(出率:99.7%)
2019年3月⇒7,980/0.20/1,630(出率:99.7%)

※表記は、アウト/玉利/台粗利の序列。

アキぽよ店長のホール

ハナハナ系は新規顧客確保が非常に難しい。30パイ市場は限られた市場であり、店選びもシビア。
5号機初頭からキングハナハナを導入し、長い期間育成しているホールでないと繁盛店にはなりえません。

つまり市場にある「限られたお客様」を取り合わなければならない。それがハナハナです。
※沖縄を除く

そんな中、満を持して登場する当該機種には
①30パイの起爆剤
②ジャグラーにとって代わる市場になりえるか
といった2つの期待を持っています。

最後の5.9号機「2021年1月末を超えても若干長く使える?」といった話題で持ちきりの機種で、発注パンク・完売したと聞いています。
市場価値も高まるでしょう。

「育成には時間を掛けて」が鉄則ですので、長期運用の為にも単発的な高設定投入ではなく、平常ベース(通常営業)を大事に、間違った運用(抜きに走る)をすることの無いよう運用します。ハイビスカスに幸あれ!!
※個人的にアキぽよはハイビマニアです。自宅の庭にもハイビスカスの花が…お隣のおじ様に育てて頂きましたw

目次に戻る

プレミアムハナハナ-30の評判・口コミ

プレミアムハナハナ-30
プレミアムハナハナ-30|みんスロ

プレミアムハナハナ-30のスペック詳細や前評判などは、みんスロをご確認ください。
皆さんのご意見も募集しております。

コメントを書くとポイントが付与されて、5000pt貯まると5000円分のアマゾンギフト券がゲットできます!

目次に戻る

4人の店長が営業するホールの設置台数

今回、原稿を書いた4人の店長の営業するホールの設置台数を掲載します。
各店長の詳細が気になる方は、各リンクをクリックしてください。

スライム店長

スライム
スライム店長

パチンコ設置台数:140台
スロット設置台数:300台
地域:東京都

水戸洋平店長

水戸洋平
水戸洋平店長

パチンコ設置台数:324台
スロット設置台数:180台
地域:宮城県

TONEGAWA店の店長

利根川
TONEGAWA店長

パチンコ設置台数:360台
スロット設置台数:140台
地域:山形県

アキぽよ店長

アキぽよ
アキぽよ店長

パチンコ設置台数:490台
スロット設置台数:376台
地域:大分県

目次に戻る

コメントは受け付けていません。