パチンコ転職ナビ パチンコ転職ナビ

サラリーマンの苦悩を垣間見た学生時代の思い出

私が大学生時代のことで、今でも記憶に残っている出来事がある。
それは私が大学4年生の春のことだった。

—スポンサードリンク—

小遣い稼ぎで警備員のバイトを始める

大学4年生となると就職活動の時期なわけだが、当時の私は学生気分が抜けず、もっぱら就職活動に対して真剣に取り組もうとはしていなかった。

当時は、それまで深夜のコンビニ店員として長くバイトしていたのだが、色々問題があってそこを辞めた後は、警備員のバイトでも始めようと思い求人チラシで見た会社に連絡してみたのである。

▽警備員のバイト
警備員のバイト

当時の待遇は日給8000円(交通費は支給されなかったと記憶している)といった感じとなっており、
警備員というのは、すなわち道路工事における車の誘導であった。

あれっていうのは、道路工事するにあたって業者が交通整備という意味で、警備員を依頼するわけですね。

んで、警備会社には15000円くらいのお金が入って、そのうちアルバイトスタッフには日給8000円が支給されるわけです。

この話は今から20年以上前のことなので、当時の警備会社には仕事が殺到していたらしく、求人においては一挙40人くらいの募集を掛けていました。

その中の一人として、私は採用されたわけだが、警備員においては現場に出るまでの間に4日間ほどの研修を受ける必要があった。

これは当然のことであり、何も分からないアルバイトスタッフが、いきなり工事現場にやってきて交通整理ができるはずもない。

つまり、道路工事のガテン系の気の荒い衆にどやされることのないように、警備員の新人スタッフはとある事務所で4日間の研修を受けてから現場に行くというシステムとなっていたわけなのである。

ってことで、その研修が始まったわけであるが・・

クロロ

まあ、ダルい。

研修は午前9時から午後4時くらいまであって、その内容としては、交通整理の実演や知識など教習所の授業みたいな感じだった。

私としては、大学4年生の期間だけにおける小遣いを稼ぎに来ているだけであって、何も警備員として食っていくことは考えていない。
それだけに、研修に対するモチベーションは低く、あくびを噛み殺してどうにか授業を聞いていたという感じだった。

ちなみに、警備員の講習にきていたメンツは様々だった。

私と同じ大学生もいれば、フリーターや元自衛隊員といった人も存在しており、

トンパ

一人だけ50代(推定)のオッサンも存在していた。
おそらくリストラにあってしまい職を失った関係で警備員のバイトを始めたのだと思われる。

ヒソカ

その一方で、ナンパ系の男二人組も受講しており、
この二人は講義の二日目に実演がなっていなかった為に、講師のインストラクターからどやされてそのままバックレという形となった。

さらに、

マチ

こういった警備員のアルバイトでありがちな、ヤンキー系の女子もしっかりと存在していた。
浜崎あゆみにリスペクトしたかのようなルックスも悪くなく、道路整備中に通りがかりの運転手からジュース等を差し入れされそうなこと確実の雰囲気を醸し出していた。

さて。
このような、4日間の研修から始まり、採用後は1日8000円のバイト代が支給されるわけだが、研修期間においても1日5000円が支給されるシステムとなっており、つまりは4日間で20000円が支給されるというシステムとなっていた。

ただし、この契約が法律上違法であるのかないのかは分からないのだが、
4日間の研修費である2万円は、採用されてから2週間現場で働かないと支給されないというシステムとなっていたのである。

つまり、研修を終えて「やっぱり辞めます」となってしまうと2万円は支給されないということだったのである。

ちなみに、私としてはこのシステムは入社する時に聞いていなかった。
それだけに、自分に合わなかったら研修後に辞めるという選択肢も視野に入れていたのだが、そのシステムを知った時に「最低2週間は働かないとなあ」と考えていた。

まあ、それはそうだろう。

4日間、9時から16時まで研修したのに、その手当である2万円が回収できないというのは痛過ぎる。
その為、研修後は最低2週間。あわよくば、その後も長く続けていきたいと思っていた。

主任とのトラブル

その後、4日間が過ぎて、めでたく現場で働ける段階となった。
研修期間の最終日は、教育担当の社員(主任?)が「卒業おめでとう」てなノリで、アルバイトの研修生を讃えていた。その後、次の言葉を発したのである。

ウイング

「明日以降、受注した仕事をみんなに伝えていくから、そこから参加できる仕事をみんなの方で選んで、現場に向かうシステムとなる」

つまり、派遣社員のようなノリです。
現場をこちらで選べるということですね。

さらに、続けて話す。

ウイング

「研修費の2万円は、2週間以上の現場実績がないと支給できないのだが、俺から上層部にお願いして明日みんなの口座に支給することにするよ。現場に向かうのに何かとお金が必要になるだろうからね」

以上のように、研修費の2万円は予め支払われる形となった。
私にしてみれば、長く続けるつもりだったのでどちらでも良かったのだが、まあ先にもらえる分には良しとするべきだろう。

その後、現場での仕事に参加しようと思い主任に話をすると、次のようなことを言われた。

ウイング

「クロロはちょっと髪が長いよなあ。
それだと、ヘルメットを被った時に耳が隠れてしまう。
もうちょっと髪を短くしないと現場に向かわせることはできないよ」

私は「面倒くせえ~~」と思いながらも、そこは主任の言葉に従うことにした。
その為、髪を切りたくなかったのだが、自腹を切って美容室で髪を切り、再び仕事をもらいに警備員の事務所に向かったのである。

すると、「まだ髪が長い」とのこと。

えっ?これだけ短くしてもまだダメなの!?

正直、面食らってしまった。
そのレベル感、厳し過ぎるだろ!?

これだけ短くすれば大丈夫と思って髪を切ってきたのに、それに対してダメだと言われてしまっては、これは今後ここで続けて行くのは厳しいと思った。
私としてもそこまで髪を短くすることには抵抗があったし、髪を短くするのをちょっと誤魔化したくらいでは通用しないということを悟った。

この警備会社で仕事をするのであれば、ガチで髪を短くする必要がある。
そのレベルのことをするのには抵抗があったので、私はその時点で無理だと思った。

クロロ

「じゃあ、辞めます」

このように言葉を返すと、主任はマジな表情で「仕方ないな」という返答をした後に次の言葉を発した。

ウイング

「それじゃあ、支給した2万円を返してくれ。
現場に2週間出ないと支払わない契約だったからな」

上記の主任の言葉に対して私は納得できなかった。
その為、次のように食い下がった。

クロロ

「その件に関しては、面接した時に聞いておらず知りませんでした。
ですので、2万円は返しません」

当然、主任はカチンとした表情で言い返す。

ウイング

「いや、2万円は返さないとダメだ。
それは会社のルールだぞ」

その後は事務所内で、
「2万円返せ」「話を聞いてません」の応酬となった。

お互いに一歩も引かない状態となり、その状態が20分近く続いてしまい、隣の部屋では新しいアルバイト生の講習が始まっている時間であったのだが、その講師である主任は身動きが取れない状態でいた。
つまり、授業が始まらず研修生が待たせられているという状態だったのである。

その状態を見るに見かねた、事務所内の片隅でPCを打っていた主任の上司(おそらく所長)らしき人物が間に割って入った。

ツェズゲラ

「片岡(主任のこと)!
お前もういいから、授業に向かいなさい。
研修生が待ってる。」

この言葉を聞いた主任は、その場を離れて隣の研修室へと向かった。

その後、その所長は私に対して次の言葉を投げ掛けた。

所長「君の言っていることは、1+1=3って言っているのと同じなんだよ。分かるか?」

私「はあ・・」

所長「2万円返したまえ。そのお金はあいつ(主任)が本社にお願いして、みんなが現場に出るために必要だからと振り込んだお金だ。あいつはみんなのことを想って対応してくれたんだぞ」

私「そんなこと言いましても、2週間現場にでないと研修費がもらえないとは聞いておりませんでしたので・・」

所長「ほら言った!それが1+1=3っていうことなんだよ」

所長は続けて話す。

ツェズゲラ

「あいつ(主任)は、昨日も朝の5時まで現場で働いて、今日も9時から研修生に講義をしている。それほど、現在人が少ない状態なんだ。
あいつの言うように、君が髪を切れば問題ない話なのだがどうなんだね?」

私「先日、髪を切れと言われて切ってきたのですが、この状態でもダメだと言われてしまうと、これ以上は流石に無理だと思いました」

またも、このような形で話は平行線となると、所長は立ち上が荒い口調で次の言葉を発した。

ツェズゲラ

「君の言うことは分かった。
2万円は返さなくていい。
それじゃあ、4日間の弁当代だけ返してくれるか?
1食500円なので計2000円だ」

この言葉に対して、私は頷いた。
その後、駐車場に戻って車の中から2千円を取り出し、それを握りしめて事務所へと向かったのだが、所長の剣幕がヤバかったので、2千円渡した瞬間殴られるんじゃないかと思った。

今では、そんなことはまずありえない話だが、今から20年前というとブラックな会社がまかり通っていた時代である。
別れ際に殴られそうな雰囲気を感じ取り、内心怒り狂っている所長に恐る恐る、車から持ってきた2千円を手渡したのである。

すると

2千円

「はい。お金は返すよ」

私から受け取った2千円を所長はそのまま返してきたのである。

その後、さっきまで怒り狂っていた表情の所長は、穏やかな表情に変わり次のような言葉を発した。

「私だって、働いていると矛盾を感じたり不満に思うことは沢山ある。
だけど会社や社会というものはそういうものだ。君もこれから社会に出て色々と思うことはあるだろうが、頑張ってほしい」

言葉の一つ一つを鮮明に覚えていたわけではないのだが、上記のようなことを話していたと記憶している。

終始バトっていたのだが、最後にはこのような大人の対応をされてしまい、逆にこちらが申し訳のない気分になってしまった。

しかし、それと同時に所長の言葉には、サラリーマンの抱える苦悩の中で前向きに生きようとするひたむきさが垣間見れた。
おそらく40代くらいの年齢の方だったと思われるが、上記のような言葉を発した時に、穏やかではあるが、空元気とも取れるその何とも言えない表情は今でも脳裏に焼き付いている。

それから、社会に出た私は20年以上もサラリーマンとしての生活を日々送って現在に至るわけであるが、今現在では40代を過ぎてその所長と同じ年齢になった。
そして、その所長が最後に発した「会社に対する矛盾や不満」を私が身を置く現状の会社にも感じることは日常的にあるわけで、その所長の当時の気持ちは理解できる。

ただ、何というか、2万円返さないクソガキを相手にしているのにも関わらず、後味を悪くしたくないという大人の対応をとった所長と、その対応の中に垣間見れたサラリーマン特有の苦悩というものが、当時の私にはとても印象的だった。

“サラリーマンの苦悩を垣間見た学生時代の思い出”のコメント一覧

  1. 底辺ですが より:

    40代とすると、取締役以上になれる極々一部の人を除けば、
    役職の権勢をふるえるのはせいぜい10数年、定年になれば
    (延長雇用の恩恵にあずかったとしても)権力ゼロの丸裸の
    個人に戻るわけですね。

    その時に自主的に時間を割いていける副業や生きがいを持っ
    ていなかったらどうなっていくのか、考えるとちょっと
    ぞっとしますね。

    最も、そんな余裕も金もなしにとにかくできる職を見つけて
    働いていかないといけない立場には関係ないですけど。

    でもデスクワークのみでやってきた人が60過ぎてから
    求人の「軽作業」って広告を見て「これでもやるか」て
    気持ちで行ったら確実に地獄を見ますね。

    自分の肉体が霜降り肉同然であることを思い知りますよ。

    • クロロ クロロ より:

      いい例としては、パチ屋の店長ですね。
      マイホで昔偉そうに、店長やってた奴が定年を迎えて今では駐車場の警備員をやっております。

      それが悪いことだとは思いませんが、見ていてしんどそうです(^^;

  2. グッチ より:

    現在でもブラック企業、健在します。
    何かと申しますと、
    例→「日給+月給制度=自身が能率で得て不得手に寄る対価」を理由に給料が上がったり下がったりや有給休暇休みのメリットが在るにも関わらず休めない。月給なら休んでも給料が貰えるが日給になると何かの用事で休んだ時に後に響く影響が在る。
    それと25歳半ば以上の平均年収、315万以上無いとブラックを疑った方が堅実。
    50歳以上の平均年収、420万以上無いと明らかなブラックです。
    家庭持ちの夫の人は、逃げられない事情が背景に存在します。その会社の社長が頑固者、短気なtype マイルールを作ってグレーZONE化してるとなるとその当事者同士で、距離や間隔を置くように成ります。
    エスカレート化になるようなら、長く働いて居る条件下ならば、独り立ちして独立小企業を立ち上げる他、道は限定になります。

    • クロロ クロロ より:

      仰っていることは良く分かります。
      そのような会社はなくなることはないですよね。

      ですので、大事なことは「これおかしくね?」と感じることができる知識を付けて、そのような被害に見舞われた時に、対抗措置としての具体的な行動を起こせるか否かといったことかと思います。

      特に後者の方がとても大事です。
      「おかしくね?」と思いつつも会社にいいようにされている社員の実に多いこと・・。

      そうやって時間と労働力を不当に搾取されていきます。
      私の時給を換算すると12000~13000円くらいはありますので、くだらない会議で自分の時間が奪われるだけでもイラつきがとまりませんね。
      サービス残業なんてもってのほかです。

      • グッチ より:

        自分にも当てはまる事が在りますが言葉での表現は、難しい為、
        下のリンクを参照。

        https://life-and-mind.com/office-relationship-791

        ページ数を読んで観て、悪く捉えない様に「このきっかけがchance」とポジティブに受け止めてやれるだけの事は、精一杯してからでの将来性の道筋を選ぶ若しくは、切り捨てる努力、勇気も時にも必要です。

      • グッチ より:

        大阪のとあるアルバイトでリサイクル場に働いた体験談をお話しします。とある契約社員の上司が居ました。何処にでもいる普通の人。
        手先が器用で冷蔵庫や洗濯機の分別をしてました。けど、在るポジションに付くと気が緩むのか誰がどう❓観ても寝ながら仕事中❗❔
        上司に言われました。「寝とったら、悪いけど報告して貰える❓」と言われました。
        最初、冗談でしょう❔と思ってたら隣で
        マジΣ(゚◇゚;)でコックリコックリコとしてるやん❓❗
        直属のリーダーに報告して、自分のポジションに戻り仕事をしてたら、寝ていた人に声を掛けて、遠くの方に連れてかれてドツキ廻されてました。ほんまのガチで❗
        リーダーの人は、年下でキタの方。
        イケメンの人でキックボクシングを習ってまして、ドツク最中に思いきりっ観てましたが、寝ていたひとの尻蹴りのhit率の高さ所以に音が凄い❗3M 鉄パイプの単簡棒で叩かれた感じの音と同じです。
        後から発覚したのですが「寝てた人、常習犯だから、君が何にも思う感情は、不要だから、寝とる時に観て見ぬ振りしずにこそっと報告だけしてくれたらええから」と。
        リーダーに1つ聞きました。「叩いて辛く無いですか❔」と、リーダーは、「散々、口で言っても説明しても効果無い。突き放そうかと思ったが在る時にわかっちゃたんだ❗」何が❔と訪ねると「この人、ドMだから・・・」意味が解らない為、危ない会社と言う事は、理解出来たので辞表を出したら速効、辞めさせて貰えました。
        イヤハヤ 柄が悪いのは、ともかくここまで質が悪質だと自分がノイローゼや鬱に掛かってしまいます。

  3. リルム より:

    良い話ですね。
    一瞬しか出会わなかったアルバイトに対して感情だけをぶつけないで社会について先輩としてアドバイス。

    私も以前身だしなみを注意しただけで、逆切れしてバックレ&無断欠席&ロッカーの中身をブチまけ
    という18歳のアルバイトと話をしたことがありますが、あまりにもムカつきすぎて、彼の両親に対してまで強めに吠えてしまいました。。。(本人音信不通というのもあり)

    この記事を読んで
    18歳といえども社会に出て、私の部下だった以上もっと違う対応をしていたらこんな大事にならず、彼のためにもなったのでは?
    と感じてしまいました。

    部下指導については必勝法はありませんね、とにかくこっちがどれだけ真剣に向きあう気を持てるかだけですね。

    • クロロ クロロ より:

      身だしなみに関しては、こちらも注意したくて注意しているわけではないのですが、絶対に見逃してはいけない部分ですよね。

      特に私のホールでは、見せパンを履かずにスカートを短くカットする女性店員が多いので、お前らいい加減にしろと説教しております。

      • グッチ より:

        クロロ店長へ。
        見せパンをすると言う事は、要は その子達が冷え性、つまり見せパンの上にスカートを履けるって事は、厚着出来る事。
        説教をする前にその子達の気持ちもすくみ汲んであげたらどうでしょうか❔
        本人達は、意識して男を誘惑してる格好でも無いんでしょう❓

        • クロロ クロロ より:

          見せパン履かずにスカートの丈を短くしていたら、それを見たお客様が不快に思うわけですから、即刻説教してシフト減らしてやりましたわ。

          激カワでデカ尻のシンママで、月に22は稼げないと暮らしていけないとボヤいていましたが、問答無用で出勤日数を減らしてやりました。

          やはり、店舗の責任者である以上、ご来店になるお客様を不快にさせて稼働を減らすことは何としてでも避けねばなりません。

  4. ちょんぼくん より:

    市井無頼の徒さん来ないですね。

    実際こういう記事は要らんって方の方が多いんですかね?
    私なんかは、パチ記事を見るためにここに来てましたが、最近だとこういう記事の方がささりますね。

    パチンコに関する記事だよね?だよね?
    そっちかい!で、そっちかいの内容が今回のようなケースだと人情味あふれるグッチ&ちょんぼはまんま食いつくと。

    グッチさんに至っては、人のパンツの話にまで食い込んでる始末です。

    (彼らが言ってることが全て正しいこと前提として)現代に所長や片岡さんのような気概を持った方はいらっしゃるのでしょうか。

    • クロロ クロロ より:

      マインドでも稼働日記でも、何かしら印象に残ったり感じてもらえる文章を書きたいとは常に思っていますね。

      あとは、どんな記事でも基本的に「稼ぐ」とか「人生の質を高める」というコンセプトに沿った内容となっており、それは以下のような記事においても同様です。

      https://rx7038.com/?p=19287

      所長や片岡さんに対してリスペクトしているわけではなく、何となく印象に残っている出来事なので記事に書いた感じですね。
      社会的には良い人ですが、それから20年以上も経ち時代も変化しておりますので、この2人のようにあるべきとはまったく思わないです。

      • ちょんぼくん より:

        管理人さんが誰かに対して、尊敬の意を表すことなんてほぼほぼないってことを理解してます。とは言え、記憶に残るってことは、良い意味とか悪い意味(真似たい真似たくない。なりたいなりたくない)ではなく少なからず人間形成という側面に影響を及ぼしてるんだろうなと思います。やっぱり人間って自分の経験を元に言ったりやったり、言動に起こすんだと思うんです。突き詰めた話人格ってことになるでしょう。

        >社会的に良い人
        私自身はこれに尽きるかなと思います。
        別に押し付けるつもりもないですが、職場でクソ性格の悪い奴がいるとします。まだ、自身に牙を剥いてきていません。クソみたいな奴の牙の角度であったり、クソみたいな口臭の行先を伺いながら仕事をする。それでも嫌なのにましてやそれが上司だったら尚のことでしょう。

        やはり、気概があって人を寄せ付ける人には魅力を感じざるを得ませんし、そういう方が上司だったらと心底思います。(エナニートの上司ってなんですか?)

        今回登場した2人の関係についても羨ましい限りです。(グッチさんと私の関係もいつか彼等に重なれば良いのですがね)

        • クロロ クロロ より:

          尊敬しているってわけじゃないのですが、記憶に残っているということでしょうか。

          その所長らしき人は、最後に大人の対応をしてくれましたが「一緒に仕事をするとなると合わないだろうなあ」ってことは直感的に感じました(^^;

          • グッチ より:

            クロロ店長氏へ。
            抽象的、計算力、推理力 要約力を見事に兼ね備えてます。
            貴方は、展底的な左脳派typeです。
            冷静な判断力が無くては、副業とパチンコ店のホール店長の地位は、掴み取る事は、何故❓出来たのでしょうか❓ 天性❓のイタズラ❗❔何かの宿命だったのかも知れませんよね❓こーやってあれこれと考える理屈っぽい自分ですがイケナイ事何でしょうか❓

        • グッチ より:

          自分の考え方として「コンビネーション・チームワーク」は、重要度を優先する意味と心得てます。自分のケースは、上司が柄が悪くて雑な言われ方しても自分が応じなくても怒られる...。
          苛つかれるがこっちには、非が無いので同じ事を繰り返す日常化。次第に相手は、考えさせられる。↖これが理解して無いと当然、人間関係が壊れますが、少し大人になって相手の気持ちを考えると身を何十歩ひいてさりげなしに「あの時は、こーだった。ゴメンやで」と態度を変える。
          確かに人間、日々 喜怒哀楽や衣食足りて礼節を知るのは、日常茶飯でしてます。
          最近の悩みの種は、これに付きます。
          触れない様にしてますと言うよりも、思い出さない様に今は、左脳を柔軟に動かせる様に自主トレーニングしてます。
          在るサイトで「貴方は右脳派❓左脳派❓」と気分転換で何気無くしたら「貴方は、左脳が46%右脳が54%、作図力です」と告げられた・・・❗❔為、+面だけじゃなくて、左脳派の人にありがちの-面の感情論を無視するので仲間と対立を起こり易い部分の意味を大きく自分を見直して、チームワークやコンビネーション力を意識していこうかなと。やれる次第です。

        • グッチ より:

          サイトを紹介します。貴方の知らない部分が開花出来る可能性が充分に在るかも❓❗
          https://blog.livedoor.jp/shinohararenn/archives/3687291.html

  5. 市井無頼の徒 より:

    「踏まれても蹴られても ついていきます下駄の雪」

    お山の大将も
    オーナーから見れば使用人の一人。
    己が不行届きゆえ
    致し方なしとは言え
    文字どおりの「『激』励」を喰らい意気消沈。
    別段ペナルティが
    あったわけではありませんが
    安物のプライドとは言え傷つけられ
    心ふさぐ日々を過ごしております。

    本業以外に
    寄るべきたずきもなく
    俗に言う「ケツをまくる」こともできず
    寒苦鳥のわが身を自責する次第。

    遅まきながらも
    クロロ店長が仰る
    経済力を持つことの重要性を痛感します。

    ゼニカネの世界では
    弱者・敗者は
    美しくなどない
    勝たなくてはと
    拳を握り締めております。

    春の曇天、
    己の心境労わる事、斯くの如しです。

    • クロロ クロロ より:

      ゼニカネの世界wwwwwwww

      独り身であれば、もっと呑気に生きていたんでしょうけね(^^;

コメントを残す

画像を追加する