リーマンスロッターの今後について

今回は質問にお答えします。

差出人: スロボーダー
題名: リーマンスロッターの今後について

メッセージ本文:
こんばんは。初めまして。いつも楽しく拝見させてもらっています。

こんな質問をしても『何を言ってるんだ』と思われるかもしれませんが、良かったら感想を教えていただければうれしいです。

自分は半分養分みたいな感じでプラス期待値まで届かない程度、例えば凱旋だと500G~600G、ハーデスだと600G~というのも含めて、年間トントン以上くらいならラッキーくらいの感じで打ってます。期待値がマイナスな台も打ったりしています。運もたぶんにあると思いますが、とりあえず2015年はプラス6万円で終わりました。

サラリーマンですと、平日は基本夜から、土日もそこまで熱心に打つよりは趣味やストレス発散的に打つ方も多いと思われるのですが、旧基準5号機だと、自分のような打ち方でもなんとかなるんではって感じでした。

しかし今後新基準が主流となると、天井恩恵が大幅に無くなると聞いています。そうなると自分のようなリーマンスロッター的には、何を目安に動いていったらいいでしょうか?今後は4号機のAT機全盛時代のような、プロ・セミプロが高設定を朝から回してて、残ってるのは回収台確定というリーマンに厳しい時代となるのでしょうか?

—スポンサードリンク—

初めまして^^
ご質問ありがとうございます。

ご質問にお応えしますと
「プラス期待値まで届かない程度、例えば凱旋だと500G~600G、ハーデスだと600G~というのも含めて」
とありますが、凱旋の500Gやハーデスの600Gでも十分期待値はプラス領域ですね。

凱旋の500Gで+1232円
ハーデスの600Gで+1480円あります。

期待値ゼロボーダーというのは、実は一般的に空き台で転がっているレベルのものであり、そのように考えるとスロットを無料で遊ぶということは理論的にはすごく簡単なことなんです。

じゃあ、パチ屋はどこで利益を取っているのかというと、やめ時なんだなということは普段の営業でつくづく感じます。

閉店後に、200Gとか400Gとか、多い時には700Gとかのゲーム数でヤメられている台がありますがそういった中途半端なところでヤメてくれる人がいるから自分たちは商売ができるわけです。

パチンコを打つ目的は人それぞれ

11
「年間トントン以上くらいならラッキーくらいの感じで打ってます」とありますが、特にサラリーマンでストレス解消目的で打っているのであれば、それもありだと思います。

本当に勝ちに徹するとなると、それこそ夕方に仕事を終えたあとに5~6件とかパチンコ店を回ってハマリ台を探したりするわけですからね。

実際に1年前くらいはそんな生活をずっと続けていましたけど、その時はそれが苦痛だなんて思いませんでした。
なぜなら勝つことこそが自分に取って一番の楽しみだったからです。

でも、人によっては勝つことではなく純粋にパチンコを楽しみたいと思っている人もいると思いますので、期待値マイナスの台を打つことを否定はしないですね。

ただ、自分が言いたいのは変なやめ方さえしなければ、そうそう期待値マイナスにはならないってことです。
(もちろん、基本AT・ART機は荒いので期待値ゼロボーダーを打っても負けることが多いと思います)

特に凱旋なんて300Gからでも期待値+100円くらいあるんで、金額に拘らなければ期待値のある台はいくらでも落ちてます。

リーマンスロッターの今後

imgres
まず、天井恩恵がなくなっても天井が存在するのであればハイエナは成立しますので、時給は落ちるとは思いますが、サラリーマンのお小遣い稼ぎには今後もなりえます。

ただ、問題は換金率ですよね…。

東京都内のように5.6枚交換のハイエナとなると、流石にキツイ。
特に再プレイがなかったり、それに制限があるとハイエナには死活問題になります。

一方、5.6枚であれば平均設定が上がる可能がありますが、夕方からの稼働がメインとなるサラリーマンが高設定を掴める可能性はかなり絶望的です。

設定を入れているホールがあったとしても、平日ではオープンから来店できるプロやセミプロに独占されるでしょうから、夕方から稼働しても1しか落ちていません。

さらには設定狙いは沢山回せるだけの時間が必要な立ち回りなので、そもそも夕方からの稼働が適していないともいえます。

オープンから高設定を回すのと、夕方から高設定を回すのでは後者のほうが圧倒的に稼げません。

なので、換金率が低くなって代わりに平均設定が上がるという環境はリーマンスロッターにとっては美味しくないと言えるでしょうね。

なので、私から言えることはやはり今後も設定は気にせずに天井狙いをしていく方がいいと思いますし、もちろん楽しむという目的なのであれば期待値ゼロラインの遊び打ちもいいと思います。

▼業界情報記事の集まりです▼
slotnippo_TK_bana

マミバナー
↑↑↑↑↑↑画像クリックでブログ村へ↑↑↑↑↑↑
ツイッター

“リーマンスロッターの今後について”のコメント一覧

  1. こんばんは!
    早速記事にしていただき、ありがとうございました!
    そうなんですねー。凱旋・ハーデスでそこそこ期待値のある台を打ってたんですね。気づいてませんでした(笑)
    今ほどではないけど、ちょっとは希望があるって事が分かりました。
    これからもお忙しいとは思いますが、体には気をつけて、ほんと心身が一番ですから、養生しながら頑張ってくださいね。

    • クロロ より:

      お気遣いありがとうございます。

      まあ凱旋やハーデスの1000円程度の期待値はほとんど空気みたいな感じになりそうですけどw

  2. 助言マン より:

    時間に縛りがないなら期待値プラスですが、仕事終わりで時間が限られた状況なら期待値プラスだとは思わないです。
    せめてあと100Gくらいはボーダー上げたほうがいいのではと思います。
    楽しむ目的だけなら必要ないですが(^_^;)

    ボーダー上げると拾える台も減っちゃいますけど。

  3. でじゃぶぅ より:

    考えてみたら、一撃2000枚以上の小爆発(私にとっては大爆発ですがww)からその枚数をお持ち帰り出来てる人は何割いるだろうか?って話ですよね(*`・ω・)ゞ
    『これだけ出たんだからもっと出る!』『まだまだこんなもんじゃ物足りない!』ってなるんでしょうね~。
    質問者さんは自身を半分養分と仰せながらも、ヤメ時はしっかり守ってるのでしょう。
    年間プラス6万でも、実はそこそこの下ぶれなのでは?(*´ω`*)

    • クロロ より:

      やめ時さえ守れば理論上そうそうマイナスの期待値にはならなかったりしますからね~。

  4. yu-iti より:

    打てるだけいいかと
    9月あたりから忙しくて打てなかった(´・_・`)

  5. イス姉 より:

    天井狙いは1前提ですが、2や3になるとその分機械割りあがること多いです。
    メリハリホールでなく、中間多めのホールなら逆に美味しいという状況出来るかもしれませんね。

  6. lshimotoshlnya より:

    俺もリーマンですから打てても1900以降がほとんどなんで、平日は無理せず1ぱちで小銭かせぎ。運良く狙えるスロ台があいたら打つ。でやってますね。時間対効果とリスクは考えるよね。凱旋なども期待値大きいのはわかるけど、小遣い数万のリーマンが期待値1000円の凱旋に数万つぎ込むのはアホでしょ。

    • クロロ より:

      月の小遣いでスロットやってる間は20スロの凱旋とかには手が出ないでしょうねw

  7. hige より:

    これは機種によるとしか言えないかなぁ・・・ガルパンとかはそういう立ち回りでいけそうだけど、まぁ機種毎の天井G確認しておけば多少有利にはなるかなぁ

  8. 第9地区 より:

    ハーデス600〜で+610円というのは、500〜で+610円の間違いでは?

    • クロロ より:

      その通りです!
      これに気づくとは流石ですね^^

      訂正しました。
      ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

クロロと申します。
パチンコ店長でありスロッターです。他のブログにはない業界ネタ満載の記事を更新中!

ブログランキング参戦中

▼応援クリックお願いします▼
にほんブログ村 スロットブログへ

記事検索はコチラ

用語一覧バナー
機種一覧バナー
炎上記事バナー
登場人物バナー

アーカイブ

最近のコメント

  • 設定変更後の1回転まわしで前日と同じ出目に揃えることはあるのか?
  • パチンコ&スロット123の1月23日は出るのか?
  • 新設サイト「みんパチ」開設!
  • 養分スロッターとの顧客トラブル
  • 宵越し対策での失敗談 
  • 沖ドキの設定狙いを業界人とユーザー双方の視点でまとめてみた
  • グランドオープンで行列5000人!?導入が大変なことに・・
  • バジリスク絆で払い出し枚数が少ないというトラブル発生!原因は?
  • 引き子対策の画期的なアイデア