パチンコ転職ナビ パチンコ転職ナビ

WEBパチスロ漫画 その4|AIスロット@2030年(6.9号機)

パチスロ漫画

どうも、パチンコ店長のクロロです。

毎週水曜日は当サイトの専属ライターであるDJトボリさんのオリジナルパチスロ漫画を掲載しております。

どうぞお楽しみください。

—スポンサードリンク—

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

パチスロ漫画

WEBパチスロ漫画
過去の作品一覧を見る

“WEBパチスロ漫画 その4|AIスロット@2030年(6.9号機)”のコメント一覧

  1. DJ TOBORI より:

    失笑しました。
    皆さん下らない漫画描いて誠に申し訳ございませんm(__)m
    ここでは冒頭の自己紹介に書いた勝率9割の件をなるべく簡潔にご説明します。
    勝率は僕がパチンコ屋さんに行くようになってからのトータル割合です。5号機だけの場合ハイエナだけで稼働しないと不可能です。
    過去の時系列
    小学生の頃
    ゲームコーナーの競馬ゲームを研究して攻略法を発見メダル一枚あれば何千枚にも増やす事が出来ました。すぐ飽きましたw
    そして18才になりパチンコ勝負の始まりです
    最初はチャッカー15玉返しの現金機ハネモノ、ロボQ,レッドライオン、ビッグシューター、などの打ち止め解放台だけの稼働
    抽選くじ引きに当たったら勝ちでした
    勝率10割
    一発台、権利物の新装巡り
    どこも並び順だったので行けば激甘調整の一発台が打てた時代です
    後、アレパチのモーニングカニ歩き、これも美味しかった
    ほぼ10割
    スロットは3号機のセットなどから4号機のモーニングじだいに移行しました。夜、すき間から覗くと打ち込み機が置いてある場所が見えたので難なくボーナスゲット
    この辺りまでは負ける事は殆ど記憶にありません
    爆裂機では数々の攻略法を発見しました。ガメラが出たとき15枚役のコピーはやっていました
    連続で延々とコピー出来るとは夢にも思わなかったですw
    後は玉緒でポンDX永久AT打法、ダブルチャレンジ3万枚確定打法など見つけましたが実践では怖くて殆どやりませんでした
    勝率8割
    5号機はハイエナか設定狙いになり勝率6~7割ですね
    最近、アクロスの設定変更判別を見つけてよく打ちますが中々結果を出すのは難しい状況です
    パチンコで新しいお店だとワイヤーで島ごと寝かせを変える所などあるので傾斜機は使えるかななんて考えています
    ざっと簡単な説明、長文失礼しましたー☆

    • 匿名 より:

      勝率9割は冗談だと思っていました。
      半端じゃないですね…

      懐かしい機種の話など大変興味深いです。
      一体トータルでいくら勝っているのですか??

      あと、今回の漫画は大変面白かったです!
      また、来週も楽しみにしております!

      • 匿名 より:

        ありがとうございます!
        僕はレコードコレクションが趣味です
        枚数は12000枚で勝ったら買っています
        貯金は全くございませんw

    • バジキッズ より:

      夜、すき間から覗くと打ち込み機が置いてある場所が見えたので難なくボーナスゲット

      のくだりがウケるww

      当時のパチンコ店はめっちゃザルなんですねw

      • DJ TOBORI より:

        バジキッズさん
        コメントありがとうございます
        確かに当時のパチンコ屋さんはザルでした
        ライバルも5人位でしたw

  2. うま より:

    子供たち〜からのガバマンの急展開が好きです(^_^)

  3. 匿名 より:

    こんばんはトボリさん
    新装開店が年に数回しか無かった頃の一発台の新台導入…
    3号機の裏モノのモーニング狙いやビッキー、エキサイト等の朝一狙い… 今じゃ考えられない程、朝一に特典が盛り沢山の楽しくて大らかな時代でしたな…
    ネタには困らない程、幾つもの時代を経験してるならいっその事それを題材にして漫画にすんのも面白いかも?
    また笑かして下さい(^ ^)

    • DJ TOBORI より:

      わー!よく御存知で(^_^)
      いつか過去のお話しも漫画にします。
      よろしくです☆

      • 匿名 より:

        私も同じ時代を生きた者です。
        失笑➡︎解雇からのジジィ凱旋はオチも分かり易くて良かったですよ(^ ^)

  4. クロロ クロロ より:

    前作・前前作も素晴らしい出来でしたが、今作も素晴らしい出来です。

    これはもはや漫画ではなく芸術作品といって良いでしょう。

    閉鎖的な現在社会への風刺。そして、やがて迎えるシンギュラリティとAI時代への到達の不安を、スロットネタと融合させて昇華させた素晴らしい作品です。

    この作品の原稿を目にした瞬間、当ブログを見たパチ7コミックといったような大手出版社がトボリさんを引き抜こうとするのではないかと不安に駆られたほどです。それほど素晴らしい作品であったと思われます。

    自分的にはもう2コマ目の金玉親分を見た瞬間、ニヤニヤが止まりませんでした(^^;

    オマケでビタ子さんが登場しますけど、サンダーVを打っている後姿が何だかカッコイイですね。
    サンダーVの絵も水彩画みたいで凄く魅力的と思いました。

    また、来週の原稿も楽しみにしております。
    お忙しい中、恐縮ですが宜しくお願い致します。

    • DJ TOBORI より:

      クロロさん
      お世話さまです。
      正直、最初の段階で飯まずネタを書き、爆笑漫画でシュール路線だったのでコメントが荒れるのは分かっていました。
      インターネットの世界に馴れていないせいか、少し動揺してしまいました。
      ディスクアップを打ったのですがビッグ中のビタ成功率がいきなり落ちてしまいましたw
      メンタルを強くして今後も楽しい作品を提供出来たらと思います。
      このサイトを見ている人が皆ホールで勝てるようにお祈りしています。

      • クロロ クロロ より:

        特にインターネットに匿名で書き込むディスり系の意見は99.99%無視で良いです。
        ほんと空気だと思ってください。

        なぜなら、そのような書き込みをする人達は、リアル社会で蔑まれておりうだつの上がらないような奴ら・つまりは精神的に満たされていないような奴らがストレス発散の為に名前(ニックネームを含む)を晒してチャレンジしている人達(ブロガー・ユーチューバー・漫画家)の作品の揚げ足を取ってダメ出しするわけですね。

        どんな人達の作品でも、100%完全無欠なものなんてあるわけがないし、仮に99%ダメな作品でも名前(ニックネームを含む)を晒してチャレンジしている人達(ブロガー・ユーチューバー・漫画家)の作品には何らかの価値があるんです。

        批評というものについてよく考えてほしいんですが、
        M1グランプリなどで、出場したお笑い芸人をディスる人はどこにでもいますよね?
        「つまんねえ」とか「死ねばいいのに」とか。

        そんな批評には意味がないし、それで世界が変わるのか?って話なんですけど、そんなどうでもいいことばかりに時間と思考を費やしてるから彼らの世界は変わらないんです。

        逆にM1グランプリが終わった後にウッチャンナンチャンとか爆笑問題とかが今回のM1グランプリに関しての結果などを後の番組で色々と討論することがありますよね?

        ああいうのが意味があるわけで、世界を変える可能性があるわけですよね。
        ネット上に「つまんねえ」とか「死ねばいいのに」とか書くような不幸な人間は世の中にいくらでも存在します。

        っていうのも、日本の平均年収は400万からさらに下落傾向にあり貧困層も増えているようですし。

        そういった輩たちの意見にいちいち耳を傾けていることほど無駄なことはありませんので、彼らの意見には一切耳を傾けないようにしてください。

        ちなみに、サイト管理人の私にしてみれば見てもらってなんぼですので、そのようなコメントがあっても「見てもらっている分にはラッキー」くらいにしか思ってません。

        • DJ TOBORI より:

          クロロさんのコメントは出版出来るレベルですね。
          とてもためになります。
          明日はファミリースタジアムを楽しみたいと思います。

  5. あっぽ より:

    今週も楽しみにしていて良かったです。
    ドン助のセンスの良さにウケました。

  6. ゆう より:

    前回でクビになったんじゃなかったんですか?
    自分は別に嫌いじゃなかったんでいいんですけど、何事も無かったように連載してたんで気になって

    • DJ TOBORI より:

      ゆうさん
      コメントありがとうございます。
      解雇の件は全て僕の責任です。
      確かに普通にまた始まったので意味不明に思われるでしょうが、僕のわがままなのでお許し下さい。
      皆さんの叱咤激励が良い作品に繋がると思うので批判的な意見もバンバンお寄せ下さい。

  7. 匿名 より:

    ハァ?
    めちゃくちゃ面白いんだけど

  8. エテ吉 より:

    こんにちは
    毎回楽しみにさせて頂いてます
    笑えない独特の世界観が大好きです
    これからも頑張ってください

  9. さやか より:

    おしるこ、みそ汁の二択で吹いた(笑)

    個人的には大好きです。毎回楽しみにしてますので、これからも頑張って欲しいです!

    • DJ TOBORI より:

      さやかさん
      コメントありがとうございます
      どちらかというと男性向けの漫画ですがよろしくです(´▽`)ノ

  10. 匿名 より:

    面白くて何度も読み返していたのですが、2コマ目の金玉親分が羽織ってる服に書いてある「ちょんぼくん」はもしや?

    • DJ TOBORI より:

      よく分からないのですが前にコメントを書いてくれた方です
      色々な人を出したいと思います

  11. ヴリヲ より:

    トボリ様、再就職おめでとうございます‼️(笑)
    今回のネタは個人的とても入りやすかったです!
    初回が嘘のような軌道修正力。さすが漫画家さんです!
    これからも頑張って下さい!

    • DJ TOBORI より:

      ヴリヲさん
      初回は訳がわからず雑になってしまいました
      よろしくです(^_^)

    • クロロ クロロ より:

      >初回が嘘のような軌道修正力

      とありますが、私は初回が一番好きでしたね。

      もちろん、スケールや全体のクオリティは今作であり、一般上に受け入れられる内容になっていると言えますが、一般的にはあまり共感を得られないまでも初回の作品はかなり素晴らしかったと思ってます。

      あれは単純に見えて笑いの奥が深いというか、他の追従を許さない芸術作品と感じました。

      スロッター2人のマニアな会話からだんだん雲行きが怪しくなり、最後の“ドーーーン”に至るまで完璧な仕上がりであったと思われます。
      例えるなら、超芸術的な一筆書きという作品といえるでしょう。

  12. 供えもん より:

    んん???脳をリラックスさせるには最高の神マンガですが…トボリさんは本当に実在される方だったんですか?????
    正直クロロさんが書いてると思ってましたw

    • クロロ クロロ より:

      自分でも怖いくらいセンスが似ているというか、すごく共通するものを感じましたね。

      トボリさんとは絶対に似たタイプの人間だと思いますが、私はトボリさんの足元にも及ばないと思います。

  13. なつきぽりす より:

    これはすごい!センスを感じます
    場面ごとのみほの表情のチョイスといい
    来るべき未来のスロット、そしてホールへの想像

    AIが発達した未来は果たしてユートピア?あるいはディストピアなのか?と想像をふくらませる内容・・・

    これこれ!こうゆうのが読みたかったんだよぉ!

    • クロロ クロロ より:

      表現が上手いですね。

      そうそう!
      私が感じたのはディストピアだったんです。

      単なるギャグではなく、そういった雰囲気も醸し出している読み応えのある作品といえますね。

コメントを残す

画像を追加する