パチンコ転職ナビ パチンコ転職ナビ

ネットビジネスで稼ぐために最も必要なことは?

今回は質問にお答えします。


題名:ブログについての質問と今度の人生について
日付:2018/11/23 12:59

お疲れ様です。
いつも楽しくブログを拝見させて頂いています。

ブログを書いて稼ぐには何が必要ですか?

現在自分は派遣の仕事(バイト)で生計を立てながらスロットで副収入を得たいと考えて生活をしています。

地元の大宮では設定状況、天井狙い台共に厳しいと感じています。
自分は介護の仕事を1年位した後に死にたくなりました。生きること働くってホント大変だと身に染みて感じました。ニートだった時期もあります。ずっとモヤモヤしていて気分が憂鬱でした。両親共に健康で幸せな家庭に感謝しています。

母親が生きてるうちに孫が見たかったと話していました。自分は現状に満足していますが、散々迷惑をかけてきました。親が生きてるうちに親孝行したいなと思ってます。

※質問はお問い合わせフォームより受け付けております。

お問い合わせフォーム

必ず目は通していますが、返信や記事に取り上げられるかはお約束できませんので予めご了承ください。

—スポンサードリンク—

どうも。
ご質問ありがとうございます。

ブログで稼ぐために最も必要なことは一言でいうと

執念 北斗の拳 シン

ブログというのは、始めた時点で収益が発生するわけではないので、誰しも他に何らかの本業が存在した上で、副業として取り掛かるものだと思います。

例えば、
会社員+ブログ
パチプロ+ブログ
自営業+ブログ
トレーダー+ブログ
主婦+ブログ

といった感じですね。

例えば、会社をヤメて無職になった時に、ブログで飯を食っていくというのはリスクがあります。
その理由は、生活できるレベルの収益が発生するまでの間に早くても1年は掛かるからです。

もちろん、数百万の貯金を貯めて会社をヤメた後に、ブログで稼ぐというのであればアリです。

いずれにせよ、ネットビジネスでは収益を構築するのに時間が掛かるので、最初のうちは生活費は他で稼がなければならないということなんです。

・・となると、多くの場合はダブルワークしなければならないということなんですよね。

つまりサラリーマンであれば、朝早くから夕方まで仕事して、疲れて帰ってきた後にブログを書くといったことを継続的にやっていかなければならないんです。

こうなってくると、大体の人はそこで挫折します。

「月に1~2万でも副収入を得たい」

こう思ってブログを始めるわけですが、ネットビジネスを始めた人の95%が5000円も稼げずにヤメてしまう理由はそこにあります。

また、さらに大きな障壁となるのが“収益が発生するまでに時間が掛かる”ということが挙げられます。

例えば、本業が終わって疲れている中、毎日地道にブログを更新したとします。
しかし、それだけ苦労したのに、月に発生した収益がわずか63円だったらどう思いますか?

大体の人はそこでやる気をなくしますよね。

ちなみに、私がブログを初めてから2ヶ月目の収益が63円だったのですが、ハッキリ言ってこの時期は絶望しか見えません。

その絶望の中でどれだけ継続できることができるのか?というところが重要で、それを継続した人だけが月に5000円の壁を突破できるのですが、やり方が間違っているとそこにたどり着くことすらも難しいし、たどり着いたとしても一生5000円前後の収益で終わってしまう可能性もあります。

そして、私からハッキリと言わせてもらいますと、
ネットビジネスってかなり上級者向けのビジネスだと思ってます。

よく、広告とかで「ネットで簡単に稼げます」なんてものが世に溢れていますが、あんなものは全部誇張であり、実際は簡単に稼げるなんてことは全くありません。

パソコンのスキルは人並みで問題ないのですが、
「マーケティング力」「情報リテラシー」「アイデア」「センス」「文章力」「継続力」などなど・・。

これらのスキルが要求されるのがネットビジネスなんです。

ネットビジネスと聞くと、どうしてもPC1台で何十万も楽に稼げるというイメージがあるので誤解されがちなんですが、何十万も稼げるものであるけど“楽に稼げる”というものではないですね。

まあ、話がちょっと横道にそれましたけど、
とりあえず、ダブルワークをこなせるかと、結果がでなくても継続できるのかという2点がスタートアップに必要な要素といえます。

だからこそ、ブログで稼ぐために最も必要なことは

執念 北斗の拳 シン

なんです。

介護は辛い

介護職員

文中に「介護の仕事を1年位した後に死にたくなりました」とありましたが、介護という分野は非常にキツい仕事ですよね。

私には絶対に無理ですし、私の友達でも介護をやっている奴がいます。

その友達は、5年前に35年ローンの家を買いました。
40代なのに給料は手取りで20万くらいのレベルです。

子供は2人いるのですが、奥さんも介護職員なので共働きだからどうにかやれているレベルですね。

話を聞いた限りでは、介護は肉体的にも精神的にも大変だと思うのですが、給料が安いです。
名前は忘れましたが、何らかの資格を取ったとしても1万くらいしか給料が上がらないって言っていました。

それと比べて、パチンコ店であれば入社して1年目から手取りで22~3万くらいはもらえるのでまだ恵まれている職種であるといえますよね。

ただ、介護の給料がなんであんなに安いのかっていうと、資格が簡単に取れるからということがまず挙げられます。

逆に看護師や医師の資格であったりすると、簡単には取れませんからね。

その資格を取るために長い期間、金と時間を費やしてようやく資格が取れるからこそ給料が高めとなっているわけです。

以前、ネットビジネスを営む知り合いのパチプロとノリ打ちした時に、その人が言っていたのが「医者って実は期待値が低いのではないか?」という話でした。

っていうのも、医大で6年間勉強して医者になるまでの間に7000万円~1億円の費用が掛かるからです。
金額もそうですし、6年間無収入で勉強に時間を費やした上に医師の資格が取れるのかも約束されたわけではない。

その時間的・金銭的リスクを取った上で、医師になった時の平均年収は1696万円(平成29年度平均)ということを考えると、それって期待値あるのか疑問に思ってしまうという話でした。

まあ、話がそれたけど、看護師や医師のような努力もせずに簡単に取れてしまう資格の仕事ということを考えた時に、給料が安くても致し方ないといったところでしょう。

世の中の仕事においては、誰でも簡単になれるものほど給料が安いですからね。
逆に、簡単になれないものほど給料が高いといえます。

一方、ネットビジネスに関しては簡単にできるかどうかはその人次第だけど、どんなカテゴリーで勝負しても勝者と弱者が存在しており、要はサバイバルなんです。
そういった状況の中で、絶対にトップになるという強い意思がないとこの世界で稼ぐことはできません。

成功する為の原動力

親孝行

文中では「親が生きてるうちに親孝行したい」と書いてありますが、そういった考えは素晴らしいと思います。

私の大好きな野村監督も「親孝行をする選手は大成する」と言っていました。

野村克也さん自身も、家が貧乏で母親を楽にさせてあげたいという理由でプロ野球選手になったそうですが、何でも良いので自分を奮い立たせる何かがあると、それは目標に到達するための原動力となると思いますね。

ちなみに、私の場合は「精神的自由を得たい」ということが原動力でした。

もう20年以上も働いているこのパチンコ業界では、日々、社長や部長の言いなりになっているわけであり、その状態がすごく嫌だったんです。

その状況で精神的自由を手に入れる為には、自分自身で稼げる人間になるしかないと思ったからこそ、ここまでネットビジネスを継続してきました。
始めてから4年10ヶ月が経過して今では給料の3倍以上の金額が毎月稼げているので、いつ辞めても良いという感覚で仕事していますが、そういう状態で会社員として働いているのはすごく心地の良いものですよ。

ちなみに、以前「結果を出す為に必要な2つの要素」という動画を撮ったのですがそこでも似たようなことを話していますので、良かったらご覧ください

クロロ店長の動画一覧はこちら

“ネットビジネスで稼ぐために最も必要なことは?”のコメント一覧

  1. ゆるさん より:

    介護の給料が安いのは資格の取得難易度ではないと思います。
    確かにヘルパー2級とかでしたら何週間かで取れるそうです。
    しかし、社会福祉士とかは難易度はそれなりにあるかと思います。
    福祉施設の施設長でも二十万円代の給料という話も聞いたことがあります。
    理由は単純で予算がないから。もっとわかりやすく言うと「政治が悪い」ww
    このままほおっておくと間違いなく国が滅びますな。

    • クロロ クロロ より:

      取得難易度というよりかは、その資格を持っている人がどのくらいいるのかによって給料は変わってくるということですね。
      ダイヤモンドの価値があるのは数が少ないからという理論と一緒です。

      それによって、モノの値段や給料が変わってきますよね。

      さらに介護に関しては、重労働低賃金ということで色々と問題のある職種ですよね。

  2. 市井無頼の徒 より:

    音なしの構えですが
    毎日、興味深く読ませていただいております。

    今回の記事も
    ビジネス論的にも大変参考になりました。
    これはクロロ先生への
    幇間、おべんちゃらの類ではありません。
    が、
    資本主義社会における
    力の一つのバロメーターであるお金を
    合法的な手法で
    他者より多く獲ちとっている人は
    もっと評価されるべきでしょう。
    また何がしか
    自らに得るところがないかと
    貪欲にその手法を吟味することも
    大切かと思料します。

    「あのブドウは酸っぱい」的な
    負け惜しみや
    「お金儲けがすべてではない」などと言った
    綺麗事は笑止ともいうべきで
    まさに「引かれ者の小唄」と言ったところでしょう。

    さはさりながら
    行雲流水の如く
    時を浪費し
    暗鏡泥水の心持ちの日々。
    「六根清浄」たれと
    ひたすら自戒するのみでございます。

    阿鼻叫喚 鉄火の遊技 わが身焼く(無頼の徒 独吟)

    • クロロ クロロ より:

      今回の記事に関しては市井無頼の徒さんからコメントありそうだな~と思っていたらその通りになりましたw

      人の倍働いて、ものすごい金額を納税しているわけですから、社会的な貢献度も高いですよ(^^;
      あまりにも仕事に集中し過ぎて節税が疎かになってしまい3月中に400万使わなければならない状態になってしまいました。
      しかし、海外旅行など遊ぶ時間もありませんので、今年も税金がっぽり取られそうです・・。

コメントを残す

画像を追加する