パチンコ店の女性スタッフに笑っちゃうほど嫌われた話 中編

前回の記事の続きです。

前回の記事は下記のURLからご覧ください。
パチンコ店の女性スタッフに笑っちゃうほど嫌われた話 前編

—スポンサードリンク—

ベテランアルバイト マチ

可愛い女性
その店舗にはベテランアルバイトのマチというバツイチ子持ちの女性がいました。
歳は23歳ですが、もう3~4年働いているので一通りの作業はこなせます。

まあ、このようなベテランアルバイトは必ずどこの店舗にも存在しているものです。

ちなみにマチは、女性では若干背が高めで見た目も可愛い感じでした。
普通に歩いていたら見惚れてしまう女性ですね。

で、転勤後はマチを含む合計6人のアルバイトと可もなく不可もなく働いていたのですが、マチとは徐々に上手くコミュニケーションが取れなくなる雰囲気を感じていました。

それっていうのは、マチ自身も今の店舗で3~4年働いているベテランアルバイトなので、自分の仕事の形が出来上がってしまっているということにあります。

そういった所に転勤してきた自分が色々と要求をして改革を重ねていくものですから、当然煙たがるわけですね。

「今までのやり方が楽だったのに、何でこんなことするのー」

実際に口には出しませんが、そういったことを感じることは多かったんだと思います。

ベテランアルバイトほど店舗の改革に邪魔なものはない

老害
これはパチンコ業界で働いている人であれば誰もが感じたことがあるハズです。
パチンコ店は往々にして変化を迫られることがあります。

それは、営業だけでなく接客や業務においても当てはまります。

では、それらを変えたい時に障害になるものは何か?

それが「ベテランアルバイト」なわけです。

ベテラン社員であれば、一応は社員なので余程ひどいパターンでない限り変化に付いてきてくれます。
しかし、アルバイトとなると社員ほど意識が高くない為に、特に今までのやり方が身に染みてしまったベテランアルバイトは、変化に対応できない。逆に反発するという特性があるのです。
まあ、分かりやすく言うと“一種の老害”ってヤツですね。

そういうこともあって、その状況をどうしても変えたい時に即効性があることは何かというと

「人を入れ替える」ということとなります。

もちろん、現状のアルバイトをクビにして入れ替えるということは法律上問題があるので、アルバイトを他の店舗に移動させるなど何らかのテクニックが関わってきますが、ここでは割愛します。

アルバイト3人を呼び出してヘアカラーを注意

部下に注意
まあ、そういうこともあってマチとはギクシャクしてたんですけど、ある日アルバイト3人の髪が規定よりも明るいから注意したことがあったんです。

3人のアルバイトを洗濯室に呼んで、規定よりも髪の毛が明らかに明るいから直すようにと話しました。
で、その3人のアルバイトにはマチもいました。

その時の3人は特に反発することもなく素直に聞いた感じでしたが、マチと自分との関係はますます険悪なものになりました。

というか、ぶっちゃけその時は険悪なのに気づいてなかったんです。
当時はガムシャラに働いていたので、マチとの関係なんてそんなに深く考えてなかったんですけど、日を追うごとに「俺のこと嫌ってるな・・」って感じるようになったわけですね。

続きはこちらをクリック

マミバナー
↑↑↑↑↑↑画像クリックでブログ村へ↑↑↑↑↑↑
みんパチ
↑↑↑↑↑↑今年から新しく始めたサイトです↑↑↑↑↑↑

“パチンコ店の女性スタッフに笑っちゃうほど嫌われた話 中編”のコメント一覧

  1. Kazz777 より:

    13-2-5でお願いします。
    初代からの事故待ち機ですよね、夢が有って設定を気にしなければ名機(^.^)

  2. 台パン王子 より:

    パチンコ○報なんかでもこの手の風紀委員みたいな店長が出てきますけど
    こんなことしても稼動に繋がらないと思うんですよねー。

    今の遊戯人口ってパンチパーマの店員がいて玉の上げ下ろしは自分でやるような時代より少ないんでしょ。

    何でこんなことするんですかね。

    • クロロ より:

      パンチパーマ店員の時代よりも遊技人口が少ないのは、経営者側云々よりもコントロールできない部分が大きいです。
      娯楽の多様化や出玉規制。または、長引くデフレや若者の価値観の変化などですかね。

  3. 通りすがり より:

    アルバイトにしろそれまで長く店回してた人間に対して、いざ変革する事になったら障害、老害扱い。なんかひどいわ

    • クロロ より:

      どれだけ長く貢献していても、経営者の掲げた変化に適応できなければ老害と見られても仕方がないですね。
      それはアルバイトだけでなく社員も同様です。

    • チュンジャ より:

      言いたいことは分からなくもないですが、別におかしな話ではないと思いますよ。むしろ企業という組織の中で見れば極普通かと。
      勘違いしてはいけないのは、職場というのは自分達の居心地の良いための場所ではないということです。
      ましてそこそこ勤めていれば大抵の仕事ならば、作業規定の改正やマニュアルの追加・新しい設備の導入など、新しく覚えることは嫌でもあるはずです
      今までと環境が180度変わって居心地が悪くなると感じるならば、障害と捉えられても仕方ないと思いますね

  4. あきたん より:

    ふむふむ…ベテランアルバイトの話は、パチンコ業界に限らず、どこの業界にでも当てはまりますなぁ~(^_^ゞ

  5. 沸騰寸前 より:

    後編はよ!!

    マイホでは、茶髪の女性店員さんは全然いないですね。個人的には華やかな業種だと思っていますので、はっちゃけた感じの方が好感持てます。パチンコ業界にはクリーンなイメージはありませんからねw

    後編はよしろ!

    • クロロ より:

      昔に比べると女性店員の身だしなみもだいぶゆるくなった感じはありますね。
      茶髪・ネイル・ピアスOKとか。
      さらにはタトゥーに関しても容認しています。

      その一方で、マルハソやダイナムに関しては身だしなみは厳しいですよね。

  6. ぷっ より:

    変に癖のついた人が邪魔なのはバイトに限らず社員も同じですね。
    自分の中で固まりすぎてて変化に対応できないんですよね。
    バイトはまだマシですが上にこのような人間がいる場合が一番問題です

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

クロロと申します。
パチンコ店長でありスロッターです。他のブログにはない業界ネタ満載の記事を更新中!

ブログランキング参戦中

▼応援クリックお願いします▼
にほんブログ村 スロットブログへ

記事検索はコチラ

用語一覧バナー
機種一覧バナー
炎上記事バナー
登場人物バナー

アーカイブ

最近のコメント

  • 不人気パチスロライターランキング!
  • 設定変更後の1回転まわしで前日と同じ出目に揃えることはあるのか?
  • 引き子対策の画期的なアイデア
  • パチンコ&スロット123の1月23日は出るのか?
  • これをやってしまうと出禁になる@パチンコ店
  • バツイチ子持ちの美人パチンコ店員の話 後編
  • バツイチ子持ちの美人パチンコ店員の話 前編
  • 「緑ドンVIVA2」というかユニバ系全般の裏情報
  • 新設サイト「みんパチ」開設!
  • 養分スロッターとの顧客トラブル
  • 宵越し対策での失敗談